寝ているだけで痩せる?ダイエットの効率が上がる方法を教えます!

横浜市戸塚区で「妊活」「美容整体」「痛み」の専門家として痛みや不調、妊娠への体質改善、猫背や反り腰の根本改善を目的とした本来の素敵な自分への変化をサポートいる爽快整骨院・整体院でございます。

「ダイエットをしてもなかなか結果が出ない…」「もっと効率よくに痩せる方法はないのだろうか」こんなお悩みや考えを経験された方がいるのではないでしょうか。ダイエットを効率よくするために欠かせないのがエネルギー代謝を上げることです!

今回の記事を読むことでエネルギー代謝を上げる理論と方法が理解でき寝ているだけであなたのダイエットの効率を上げることが出来ることが期待できますので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

【ダイエットの効率が上がる理論①】基礎代謝を上げよう!

代謝とは体の中の化学反応のことで外界から取り入れた物質を使って体内で行われる化学反応のことです。つまり呼吸で取り込んだ酸素や食べたものが体を動かすエネルギーや体を作る材料となります。代謝には「基礎代謝」「活動代謝」「食事誘導性体熱産生」の3種類ありますのでそれぞれ簡単に解説します。どれもダイエットの効率が上がることに関わっていきますのでチェックしていきましょう!

  • 基礎代謝

生命維持に必要最低限のエネルギー代謝のこと。体温を保つ、心臓や内臓を動かす、呼吸をするなどの生きるために必要最低限のエネルギーのことを言います。
基礎代謝が低いと体温が低かったり呼吸が遅くなったりしてダイエットの効率が低下する可能性がある

  • 活動代謝

仕事や運動など日常生活で行われるエネルギー代謝のこと。日中の動きが少ないデスクワークの方や運動不足の人は活動代謝が低下しやすくなります。
活動代謝が低い人は慢性的に消費されるエネルギーが低い可能性がありダイエットの効率を低下する可能性がある

  • 食事誘導性体熱産生(DIT)

食事誘導性体熱生産(DIT)は食事中や食後に体が熱くなること。タンパク質の30%、脂質と糖質の7%が熱に変わると言われています。この食事誘発性熱産生によって得られた熱は寒い時には体温の維持、気温が適温の時には熱は単に放出されるとされています。
DITは総エネルギーの約10%なのでダイエットの効率を低下する可能性は低い

*(厚生労働省)e-ヘルスネットを参考に作成

上記の図を見てわかるように基礎代謝が1日に消費される総エネルギー量の約60%を担っていることがわかります。「運動をしているのに痩せない」「食事制限をしているのに痩せない」という方はこの基礎代謝が低い可能性があります。

ダイエットの効率が上がる理論①のまとめ

  • 食事制限や運動をしても痩せにくい人は基礎代謝が低くダイエットの効率を下げている可能性がある
  • 総エネルギー量の約60%を占める基礎代謝を上げることでダイエットの効率を上げることが出来る可能性がある。

【ダイエットの効率が上がる理論②】基礎代謝と内臓の関わり

基礎代謝の中でも安静時の代謝量は組織ごとで大きく異なります。実は筋肉だけではなく意外にも肝臓や脳の代謝量がズバ抜けて高く、脂肪組織の代謝量が低くなっていることが下の表に示されています。筋肉や骨に比べ脂肪が多い、つまり体脂肪率が高い「隠れ肥満」の人は運動をしても食事制限をしてもダイエットの効率が悪いということがわかります。また肝臓は500種類もの代謝をこなしていますのでエネルギー代謝が高いのだと思います。

*(厚生労働省)e-ヘルスネットより画像を加工して作成

ダイエットの効率が上がる理論②のまとめ

  • 基礎代謝量が多い組織は1位→筋肉、2位→肝臓、3位→脳
  • 脂肪組織の安静時代謝量は上位3つに比べかなり低い
  • 筋肉に比べ脂肪が多い「隠れ肥満」の人はダイエットの効率が悪い

【ダイエットの効率が上がる理論③】基礎代謝を上げるには〇〇です!

安静時の代謝が高いのは筋肉や肝臓や脳であることがわかりました。これらの組織の代謝を上げると基礎代謝が上がりダイエットの効率が上がり痩せやすくなることが期待できます。組織の代謝を上げるのに必要なことは様々ありますが誰でも簡単に出来る方法が呼吸です!

人が生命を維持するにはエネルギー源となるATPを作り出す必要があります。ATPは細胞の中のミトコンドリアが産生してくれていてATPを産生する過程で酸素が必要であり、食べて物をエネルギーに変えるにも酸素が必要です。酸素は呼吸をすることで体内に入っていきます。人は1日に約2万回呼吸をしていると言われているのですが現代人は座ってばかりいて運動不足により約3万回呼吸していると言われています。つまり浅い呼吸を数多くこなしていて「陸で溺れている」なんて言われたりしています。

つまり呼吸を深くし一度にたくさんの酸素を取り入れエネルギー源となるミトコンドリアのATP産生を促すことで代謝が上がる可能性があると解釈できるのではないでしょうか。

腹式呼吸でも胸式呼吸でもどちらでも良いので10回ほどゆっくりと深呼吸をして肋骨横隔膜をよく動かして酸素を多く取り入れることにより、寝ている時の呼吸を楽にして酸素を取り入れやすくなりダイエットの効率を上げることが期待できますので、皆様もこれから座っているときに最低でも1時間に1度は肋骨や横隔膜を意識した深呼吸をしてみください。

【参考ホームページ】
有酸素性エネルギー代謝(e-ヘルスネット)
身体活動とエネルギー代謝(e-ヘルスネット)
加齢とエネルギー代謝(e-ヘルスネット)

【安心と信頼のある施術】24時間ご予約承り中

爽快整骨院はお客さまの力を信じ全力で応援いたしております。当院の施術をきっかけに自然治癒力が最大限発揮できる場所を提供することをお約束いたします。以下より夜中でも明け方でもいつでもご連絡くださいませ。
 

  • 爽快整骨院公式LINEを友だち登録(特典あり)してメッセージ
  • 24時間ネット予約のお問い合わせフォームから連絡
  • お電話 045-864-4599 でご予約(営業時間中のみ)

*お電話の場合は施術中により出られなかったり外出中で出られなかったりする場合がありますので、留守電にメッセージを残してくださいますようお願いいたします。

この3通りで簡単にご予約できます!お気軽にご連絡くださいませ^_^

ダイエットに関連する記事

【肥満チェック!】あなたのBMI数値は?

【肥満チェック!】あなたのBMI数値は?の画像

【肥満チェック!】あなたのBMI数値は?

横浜市戸塚区で「妊活」「美容整体」「痛み」の専門家として痛みや不調、妊娠への体質改善、猫背や反り腰の根本改善を目的とした本来の素敵な自分への変化をサポートいる爽快整骨院・整体院でござい...

肥満は自分への甘え→あなたに私の何がわかるの?

肥満は自分への甘え→あなたに私の何がわかるの?の画像

肥満は自分への甘え→あなたに私の何がわかるの?

横浜市戸塚区で「妊活」「美容整体」「痛み」の専門家として痛みや不調、妊娠への体質改善、猫背や反り腰の根本改善を目的とした本来の素敵な自分への変化をサポートいる爽快整骨院・整体院でござい...